【鳥だより】投稿フォーム

野鳥の観察記録を収集しています

鳥だよりは茨城県内および県境を接する地域の野鳥の観察記録を収集しています。 珍しい鳥だけでなく、スズメやムクドリなど普通種の特異な行動などの情報も募集します。

投稿された記録は、日本野鳥の会茨城県の機関紙「ひばり」に掲載します。 編集の都合や保護の為に割愛、訂正、掲載を控えることがありますことをご了承ください。

投稿要領

  • 数は、正確に分からなければ、概数でもかまいません。例:100+、100±など
  • 観察日時観察日はわかるが時間まで憶えていない時は観察日だけでもよろしいです。
  • 観察場所は市町村、大字まで明記してください。
  • 観察メモは、雌雄の別、特徴的な行動・季節柄の特徴(できるだけ簡潔に)
    例:初認、終認、飛翔(渡り)、声(囀り・ぐぜり・地鳴きなど)、求愛、採餌方法、環境など

以下の投稿フォームに記入して【送信】ボタンをクリックしてください。

お名前をご記入ください。

ご連絡用のメール・アドレスをご記入ください。

「日本野鳥の会」または「日本野鳥の会茨城県」の会員ですか?

観察した鳥の種名を記入してください。

観察日をカレンダーから選択します。 下のフィールドをクリックしてください。

観察時間(数値)を記入してください。 憶えていない時は、観察日だけでもよろしいです。

時頃

観察メモ記載の例を参考に観察メモを記入してください。(40文字以内で)

  • 高萩市高戸の小浜 海岸上空を北上する11羽の1群を視認。
  • 神栖市高浜にてヨシ原で夏羽雄1羽がさえずっていた。
  • 日立市川尻町にて雄1羽が大きな毛虫をくわえて飛んできた。
  • 稲敷市浮島にて大きなウシガエルを咥えていた1羽。
  • 稲敷市甘田干拓で10羽+がディスプレーフライトをしていた。
  • 龍ヶ崎市牛久沼上空を100羽+の群れが南下していった。

写真画像(1点)を貼り付けることができます。


画像をドロップするか、ここをクリック