本会展示 ジャパン・バード・フェスティバル(JBF)で最高賞のオオバン賞受賞

2018年11月3日~4日に我孫子市で開催されたジャパン・バード・フェスティバル(JBF)で本会の展示が最高賞のオオバン賞を受賞しました。

展示は、土浦の輝くハス田の風景写真を含む9本のポスターを、本会の14年間の調査などで蓄積したデータを図表や写真、イラストで紹介しました。

また、ポスターの前にはオオバンの実物大のフェルト人形とハス田のジオラマが、ポスターの深刻な雰囲気を和らげ、家族連れをブースに惹きつけることができました。

ポスター並びには、モニターによるハス田の野鳥の紹介を座りながら楽しんで頂きました。

主旨に賛同頂いた方やすでに情報をご存知の方の262名の方々から、野鳥と共存するハス田への転換を求める署名を頂きました。

併せて、雁の里親友の会提供のカレンダー募金箱を置き、3万円弱のご寄附を頂きました。

オオバン賞受賞は、4日正午過ぎに事務局から伝えられ、関係者で固い握手を交わしました。

終了式で我孫子市長・星野順一郎さんから表彰状を頂戴し、その返礼にオオバンのフェルト人形を進呈致しました。

オオバンのフェルト人形は、我孫子市鳥の博物館に飾っていただけるとのことです。

ジャパン・バード・フェスティバル