雪入ふれあいの里自然公園

静かな環境でゆったり楽しめる

雪入ふれあいの里公園は採石場跡地を利用した自然公園。

拠点となるネイチャーセンターには野鳥にくわしいスタッフが常駐してるので最新情報を仕入れてから出かけるとよいでしょう。

(春)キビタキオオルリなど夏鳥は繁殖期もそのまま留まりますが、GW前後は間近で観察できるチャンス大。期間は短いですが、近くの三ツ石森林公園では、渡り途中のアカハラの合唱サンショウクイムシクイ類との出会いが期待できます。

(初夏)ウグイスオオルリイカルなど夏鳥のさえずり、子育てにいそしむシジュウカラアオゲラなどの姿が見られます。眼下の農耕地でサシバオオヨシキリキジサギ類などが見られます。

(秋)9月にはハチクマが悠々と渡っていく姿が楽しめ、ほかにもオオタカツミミサゴサシバノスリハヤブサなどが出現し、チゴハヤブサがトンボを求めてくることも。

(冬)ベストシーズンの冬は、人気の高いルリビタキミヤマホオジロウソベニマシコカヤクグリなどの冬鳥が毎年越冬。林道沿いでヤマドリに出くわす機会もあります。

真夏を除けば一年中楽しめるとっても静かな里山ですよ。バードウォッチングのイベントも定期的に開催されているので、参加されてみてはいかがでしょう。

観察適期

観察適期

特におすすめ
おすすめ

観察適期を色分けで表示しています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

アクセス・マップ

地図の操作

  • [+]で拡大、[-]で縮小できます
  • 地図上でクリックしたままドラッグすると地図を動かすことができます
  • 地図上に航空写真や地形を重ねて表示の切り替えができます

この地図は、Google社が提供するGoogle Maps API機能を利用しています。ご利用に当たり、Googleマップの利用規約に同意いただいたものとさせていただきます。

日本, 〒315-0069 茨城県かすみがうら市雪入452−1 雪入ふれあいの里公園

観察できる野鳥

  • kotori
    山野の小鳥
  • moukin
    ワシ・タカ類
  • kamoF
    淡水カモ類

春 オオルリ、キビタキ、アカハラ

夏 イカル、ヤブサメ、サシバ、キジ

秋 ハチクマ、オオタカなどタカの渡り

冬 ルリビタキ、ウソ、ミヤマホオジロ、カヤクグリ、ベニマシコ、カモ類

注意事項等

  • sneaker
    スニーカー
  • drink
    飲み物
  • food
    弁当
  • toilet
    トイレあり
  • parking
    駐車場あり
  • information
    案内所あり

〇公園には食事処がないので昼食は持参しましょう。

〇公園から車で10分圏内のお店⇒セブンイレブン千代田下佐谷店、セイコーマート上志筑店、TACMATE千代田中志筑店、ひたちの苑(そば)御野立庵(そば)

〇公園の開園時間、休園日、探鳥会などのイベント情報はホームページを確認。 http://www.yukiiri.jp/

〇野鳥情報は公園のブログにも掲載中 http://yukiirinc.blog.fc2.com/

公園で見られる野鳥

(画像クリックで拡大表示)

オオルリ

渡ってきたばかりの頃は近くで観察できるチャンス大。初認日は4月15日前後で、8月いっぱいまで滞在します。

(画像クリックで拡大表示)

ルリビタキ

人をあまりおそれないので、じっとしていれば数メートルの距離まで来ることも。初認日は11月10日前後で、3月いっぱいまで滞在します。

(画像クリックで拡大表示)

カヤクグリ

地味だけど、数が少ないので人気の冬鳥。駐車場から歩いて2分の遊歩道周辺にいることが多いです。初認日は11月15日前後で、3月いっぱいまで滞在します。

(画像クリックで拡大表示)

サシバ

山ろくで数つがいが繁殖しています。田んぼのまわりの電柱や道路標識によくとまっています。初認日は3月25日前後。秋の渡りは9月はじめから1か月ぐらいで、ハチクマといっしょに見られることもあります。