日本野鳥の会茨城県 会報 No.377 1月 2024(令和6年)より

 

愛おしむ

 

急な冷え込みもあり、日の出前から朝靄が立っていた。
朱色の朝日が差し込み始めると、2羽のハクチョウが寄り添っていて、美しい瞬間だった。

 写真・文/大槻佳生
ページ上部へ戻る