涸沼

水鳥と猛禽類が豊かなラムサール条約登録湿地

涸沼は、茨城町・鉾田市・大洗町にまたがり、周囲22km、湖水面積9.35平方kmに及ぶ関東唯一の汽水湖で、2015年5月に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地と認められ、県単独では初めてラムサール条約に登録されました。

海水と淡水が混じり合う涸沼には、鳥たちの餌となる豊富な魚類やヤマトシジミなどが生息し、冬になると魚食性の猛禽類や貝類を好む潜水ガモ、カイツブリ類の群れで湖面はにぎわいます。

一方、周囲の水田は、春と秋にシギ・チドリの渡りの貴重な中継地となり、冬には小鳥の群れとそれを狙う猛禽類が集まります。

また、葦原は春から夏にかけて夏鳥の営巣地となり、秋から冬にかけてはツバメや小鳥、猛禽類の塒(ねぐら)となって、涸沼の豊かな生態系を支えています。

「砂並草原」「網掛公園~宮ヶ崎」が代表的な観察ポイントですが、他に「親沢公園」「夕日の郷 松川」「涸沼自然公園」「いこいの村涸沼」等で観察を楽しめます。

期間中の投稿はありません。

観察適期

観察適期を色分けで表示しています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

観察適期

  • 特におすすめ
  • おすすめ

アクセス・マップ

地図の操作

  • [+]で拡大、[-]で縮小できます
  • 地図上でクリックしたままドラッグすると地図を動かすことができます
  • 地図上に航空写真や地形を重ねて表示の切り替えができます

この地図は、Google社が提供するGoogle Maps API機能を利用しています。ご利用に当たり、Googleマップの利用規約に同意いただいたものとさせていただきます。

観察できる野鳥

小鳥

カワセミ類

カモメ類

シギ・チドリ類

猛禽類

淡水カモ類

海生カモ類

注意事項

スニーカーでOK

長靴

トイレあり

駐車場あり

案内所あり

食事処あり

広大なフィールドのため、ポイントを廻るには自家用車がお薦めです。水田で観察する時は、農作業を邪魔しないように注意しましょう。

[トイレ・駐車場・案内所・食事場所]・・・涸沼マップ参照

網掛公園、親沢公園、広浦公園、いこいの村涸沼、涸沼自然公園、夕日の郷 松川

[コンビニ(2箇所)]・・・涸沼マップ参照

他に食堂など

公園で見られる野鳥

(画像クリックで拡大表示)

(画像クリックで拡大表示)

(画像クリックで拡大表示)

(画像クリックで拡大表示)

(画像クリックで拡大表示)

探鳥地の写真

ページ上部へ戻る